信州上田フィルムコミッションタイトル

信州上田フィルムコミッションの最新情報

2016-12

映画『うつろいの標本箱』舞台挨拶決定!!

main-img00_web.jpg

監督、キャストによる舞台挨拶決定!!

12月5日(月)より6日間の期間限定ロードショー最終日に、鶴岡慧子監督と本作のキャスト7名による舞台挨拶の実施が下記の通り決定しました。12月10日(土)はぜひ「上田映劇」へお越し下さい!

<舞台挨拶詳細>
実施日: 2016年12月10日(土)
実施回: 13:30からの回の終了後と、16時からの回の終了後 *計2回
登壇者: 小川ゲン、赤染萌、橋本致里、岡明子、大森勇一、小久保由梨、渡辺拓真、鶴岡慧子

主催・お問合せ
信州上田フィルムコミッション
E-mail: fc@ueda-cb.gr.jp



『うつろいの標本箱』に関する過去の記事はこちらから。
鶴岡慧子監督最新作 『うつろいの標本箱』 期間限定上映詳細。
鶴岡慧子監督最新作『うつろいの標本箱』期間限定上映のお知らせ。


うえだ城下町映画際のお知らせ!

第20回うえだ城下町映画祭14日(月)よりいよいよ始まります。
前売り券の販売は13日(日)までです。

映画祭外面 (校了)_R

スケジュール
上田映劇  2016年11月14日(月)
時間 内容
16:00~17:26 「けんかえれじい」(86分)
18:00~19:48 「男はつらいよ 寅次郎恋愛塾」(108分)

上田映劇  2016年11月15日(火)
時間 内容
16:00~17:38 「スター誕生」(98分)
18:00~19:29 「恋する日曜日」(89分)

上田映劇  2016年11月16日(水)
時間 内容
16:00~17:27 「一人息子」(87分)
18:00~20:09 「たそがれ清兵衛」(129分)

上田映劇  2016年11月17日(木)
時間 内容
16:00~17:50 「卓球温泉」(110分)
18:00~19:57 「博士の愛した数式」(117分)

上田映劇  2016年11月18日(金) ※入場無料
時間 内容
17:00~17:15 「灼熱のドッジボール」(15分)
17:15~17:45 古厩智之監督ゲストトーク
17:50~18:20 第14回自主制作映画コンテスト表彰式
18:20~18:48 自主制作映画コンテスト大賞作品「エリーゼを解く」(28分)

上田文化会館 大ホール 2016年11月19日(土)
時間 内容
9:30~11:42 「ゼロの焦点」(132分)
12:30~14:39 開会セレモニー
「およう」(119分)
14:45~15:15 ゲストトーク
関本郁夫監督、渋谷亜希さん
15:30~17:40 「嫌われ松子の一生」(130分)
17:55~19:31 「ラストゲーム 最後の早慶戦」(96分)

上田文化会館 視聴覚室 2016年11月19日(土)
第14回自主制作映画コンテスト審査員賞受賞作品、ノミネート作品の一部 ※入場無料
時間 内容
9:30~10:10 大林千茱萸賞「桜桃らんでぶー」(40分)
10:15~12:30 柘植靖司賞「空(カラ)の味」」(135分)
13:35~14:03 古厩智之賞「つなぎ」(28分)
14:08~14:41 映画祭実行委員会特別賞「より道」(33分)
14:51~15:25 「ふたり、ふたつの再見」(34分) 
15:30~15:48 「私以外の人」(18分)
15:53~16:19 「殺し屋シュウヘイ」(26分)
16:24~16:46 「PANDORA」(22分)
16:56~17:40 「グッバイ・アリサカ」(44分)
17:45~19:30 「見えないから見えたもの~拝啓竹内昌彦先生」(「105分」

上田文化会館 大ホール 2016年11月20日(日)
時間 内容
9:30~11:11 「告別」
11:55~11:55 「ジョーカー・ゲーム」
13:55~15:27 「過ぐる日のやまねこ」
15:30~16:30 トークセッション
大林宣彦監督、入江悠監督、鶴岡慧子監督
16:45~18:39 「サマーウォーズ」

上田文化会館 視聴覚室 2016年11月20日(日)
第14回自主制作映画コンテストノミネート作品の一部 ※入場無料
時間 内容
9:30~10:09 「愛をこめて」(39分)
10:14~10:53 「そらがわれたら」(39分)
10:58~11:36 「部屋」(38分)
11:41~12:11 「スリッパと真夏の月」(30分)
13:15~14:00 「唯一、すべて」(45分)
14:05~15:27 「バイバイ、おっぱい」(82分)
15:32~16:27 「狂犬」(55分)

上田市マルチメディア情報センター 11月26日(土)、27日(日)
第14回自主制作映画コンテスト全受賞作品 ※入場無料  
時間 内容
13:30~13:58 大賞「エリーゼを解く」(28分) 
14:00~14:40 審査員賞(大林千茱萸賞)「桜桃らんでぶー」(40分)
14:45~17:00 審査員賞(柘植靖司賞)「空(カラ)の味」(135分)
17:10~17:38 審査員賞(古厩智之賞)「つなぎ」(28分)
17:40~18:13 映画祭実行委員会特別賞「より道」(33分)

第20回うえだ城下町映画祭HP:http://www.umic.jp/eigasai/

問い合わせ
上田市役所教育委員会文化振興課
〒386-0025 長野県上田市天神一丁目8番1号
電話番号:0268-23-6361
ファックス番号:0268-23-6375

映画『くも漫。』メインキャスト発表のお知らせ!

中川学原作の実写映画「くも漫。」が2017年1月下旬に公開される。主人公役を務めるお笑い芸人の脳みそ夫に続き、主要登場人物を演じるキャスト陣の配役が発表されました。

メインキャスト組

ヒロインの風俗嬢・ゆのあ役は柳英里紗、主人公の妹役はシンガーソングライターの沖ちづる、病院の担当医役は板橋駿谷に決定。また主人公の母役は立石涼子、父親役は平田満が務め、病院での患者仲間は坂田聡と、ベテラン俳優が脇を固める。
「くも漫。」は風俗店でのプレイ中にくも膜下出血を発症してしまった、中川自身の闘病生活を描いた実録マンガ。リイド社のWebマガジン・トーチwebにて連載されました。
この作品は上田市内で9割以上撮影した作品です。
公開をお楽しみに!

kumoman3.jpg

映画『くも漫。』
公開日:2017年1月末
公開館:新宿バルト9ほか
出演:脳みそ夫、柳英里紗、沖ちづる、板橋駿谷、坂田聡、立石涼子/平田満
原作:中川学「くも漫。」(リイド社刊)
監督:小林稔昌
脚本:安部裕之
企画:製作=クリエイティブネクサス
配給:トリプルアップ
HP:kumoman-movie.com
(C)クリエイティブネクサス

鶴岡慧子監督最新作 『うつろいの標本箱』 期間限定上映詳細。

main-img00_web.jpg

黒木渚の代表曲「テーマ」に乗せて、女性6人の揺れる心と日常を描く
鶴岡慧子監督最新作『うつろいの標本箱』期間限定上映!!


まるで映画のような、舞台のような音楽と評され、独特の文学的歌詞で、女性の強さや心理を生々しく歌い上げるシンガーソングライター、黒木渚。ソロ始動後初の新作となるフルアルバム「標本箱」は、‘14年4月に発表されるやいなや、各方面で話題となり一躍認知を広めた。
その「標本箱」をモチーフに、映画化に挑んだのは、新進気鋭の映画監督、鶴岡慧子(上田市出身)。長編第一作『くじらのまち』がベルリン国際映画祭をはじめ、世界10ヶ国以上で上映され好評を博し、続く『過ぐる日のやまねこ』(2015)が第15回マラケシュ映画祭で審査員賞を受賞するなど今まさに活躍を期待される若手監督のひとり。
鶴岡監督が「標本箱」の楽曲群から連想する形で脚本を書いた本作は、歌詞で描かれる女性の強さや揺れる想いを、6人の登場人物に託し、ささいな日常の中で生まれる様々な感情や出来事を点描のように描き、アルバムとは異なるもうひとつの、<うつろいの>標本箱として完成させた。本作の主演に抜擢されたのは、アイドルグループ「 ゆるめるモ!」を卒業したばかりの“もね”こと、櫻木百。劇中で多感な大学生を演じてみせた櫻木は、これがグループ卒業後、初の主演作となる。

<ストーリー>
カメラマンの松島はある朝川辺で死んだ。見つけたのは大学生のイツキと悠一。イツキは悠一のことが好きで、松島を見つけた日も、悠一がその日絵画教室でヌードデッサンをすることで頭がいっぱいだ。絵画教室では、モデルのみそのが3年振りに元彼の孝生と再会していた。松島の元彼女・日奈子は、松島の母が遺品の中から間違えて渡して来た女性物のハンカチに戸惑っていた。日奈子の親友・淳子は友人の結婚式に参加するため上京するが、宿を失う。行く宛て無く彷徨っていると、パジャマ姿で川原を徘徊する少年・真希と出会う。看護師のサナエはその日の朝、高校の同級生だった松島の携帯に留守電を吹き込んだ。家庭教師の亜梨沙は、密かに想っているカフェの店主・竜平にようやく名前を聞けた翌朝、弟の真希が病院から消えたと連絡が入る。6人の女性、9人の男性。誰かが誰かを想い、誰かを失い、誰かとすれ違って日々は過ぎて行く。

<監督の言葉>
黒木渚さんのライブを聴きに行き、細い身体・長い手足の全部をつかって歌う彼女の姿を見て、決して特別であろうとしない、恥ずかしさやかっこ悪さも全てひっくるめた「そのもの」を肯定しようとする、そんな姿勢に感銘を受けて私なりに紡いだのが『うつろいの標本箱』です。決して特別な日々を生きているわけではない人物たちが、どこかでただすれ違ったり、すれ違う中で出会ったり、それが最後だとは知らずにすれ違ったりする、そんな日々の暮らしに当たり前にある瞬間を、15人の俳優たちと描いてみようと試みました。

『うつろいの標本箱』(2015/日本/デジタル/95分/カラー)
出演: 櫻木百、小川ゲン、赤染萌、小出浩祐、橋本致里、佐藤岳人、illy、 佐藤開、岡明子、伊藤公一、大森勇一、森田祐吏、小久保由梨、今村雪乃、渡辺拓真
監督: 鶴岡慧子
製作・配給: 株式会社タイムフライズ / 配給協力・ 宣伝:岩井秀世
エンディングテーマ: 「テーマ」黒木渚(ラストラム・ミュージックエンタテイ ンメント)
©2015 タイムフライズ

『うつろいの標本箱』公式サイト
 http://hyohonbako.com/



◆ 会場: 上田映劇 (長野県上田市中央2-12-30)
*会場は、当日の天候等により大変冷え込む場合があります。ご心配な方はブランケット等をご持参ください。

◆ 期間: 2016年12月5日(月)〜10日(土) *6日間

◆ 時間: ①10時〜11時35分 / ②13時30分〜15時5分 / ③16時〜17時35分
*上映は1日2回 (①、②)。12月10日のみ3回上映。全席自由・各30分前開場

◆ 料金: 当日一般 ¥1,400 / 学生 ¥800 / 前売 ¥1,100
*学生は要学生証提示。3歳以下のお子様のご入場はご遠慮ください。
*前売券は11月14日から12月4日まで下記の各プレイガイドにて販売致します。


◆ プレイガイド:
上田市観光会館売店 (9時30分〜18時)
菅平高原観光協会 (平日8時15分〜17時15分)
HanaLab. CAMP (平日9時〜18時)
HanaLab. UNNO (平日10時〜15時)
NABO (10時〜22時、火曜定休)
長野松竹相生座ロキシー1・2 (長野市)
上田映劇 (オンライン予約のみ)

◆主催・お問合せ
信州上田フィルムコミッション
E-mail: fc@ueda-cb.gr.jp



『うつろいの標本箱』に関する過去の記事はこちらから。
鶴岡慧子監督最新作『うつろいの標本箱』期間限定上映のお知らせ。


映画『うさぎ追いし 山極勝三郎物語』いよいよ今週公開!

映画『うさぎ追いし 山極勝三郎物語』11月5日(土)より長野県先行公開!

320.jpg

人工癌発生の偉業から100年超の月日を経て、現在もなお続く癌との闘い
その礎を築いた一人の男の生きざまに迫るヒューマンドラマ


映画の約8割が上田地域で撮影され、延べ160名のエキストラにご参加頂きました。ぜひお近くの劇場でご覧ください。




映画『うさぎ追いし~山極勝三郎物語~』
公開日:2016年11月5日(土)長野県先行公開
劇場:TOHOシネマズ上田、長野グランドシネマズ 佐久アムシネマ 松本シネマライツ
出演:遠藤憲一 水野真紀 豊原功補 岡部尚 高橋惠子 北大路欣也 ほか
プロデューサー:永井正夫
監督:近藤明男
エグゼクティブプロデューサー:増田和悦
ゼネラルプロデューサー:島田基正
脚本:篠原髙志
製作:「うさぎ追いしー山極勝三郎物語ー」制作委員会
配給・宣伝:新日本映画社
映画『うさぎ追いし 山極勝三郎物語』公式HP:http://usagioishi.jp/index.html
撮影2016年3月~4月
ロケ地:上田蚕種株式会社、笠原工業株式会社、信州大学繊維学部、依水館 上小教育会館  旧西塩田小学校 北向観音 上田山荘 上田城 上田城跡公園 別所線橋梁 海野宿 安良居神社 小諸市 千曲市 須坂市 ほか



 | ホーム |  »

プロフィール

信州上田フィルムコミッション

信州上田フィルムコミッション
公式ウェブサイト

カウンター

最新記事

カテゴリ

映画 (151)
テレビドラマ (74)
テレビ番組 (26)
PV・MV・CDジャケット (37)
CM (9)
スチール・その他 (18)
管理 (1)
イベント情報 (30)
エキストラ・サポーター (5)
お知らせ (73)
コラム (5)
未分類 (21)

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック