信州上田フィルムコミッションタイトル

信州上田フィルムコミッションの最新情報

2017-08

Luis Nanook "Place"

昨年11月、上田市内でPV撮影を行ったルイス・ナヌークのデビューアルバム『Place』が発売になりました。
これに合わせて収録曲「Luis」のPV(上田ロケ)が公開中です。
気に入った方はCDもぜひ手に取ってみてください。
またキャストはルイス・ナヌークのお二人以外は上田市のエキストラの皆さんです。
今後エキストラ参加を希望される方は、信州上田フィルムコミッションまでご連絡ください。



撮影日: 2009/11/23
ロケ地: 西脇区(西脇会館周辺)


Luis Nanook ARTIST: Luis Nanook / ルイス・ナヌーク
TITLE: Place / プレイス
CAT NO: FLYCD-13
LABEL: Flyrec.
PRICE: \2,300(with Tax) \2,200(without Tax)
FORMAT: CD
JAN CODE: 4526180026952
RELEASE: 2010/03/03/wed
おだやかに魂を揺さぶる傑作デビュー・アルバム !


official web: http://www.luisnanook.com/
ルイスはアルメニア語で「光」を意味し、ナヌークはイヌイットの言葉で「シロクマ」を表す―ルイス・ナヌークはささやくように歌う孤高のシンガーソングライター = 佐立努(歌/アコースティック・ギター担当)と、kranky (US) など国内外のレーベルからのリリースで世界的に注目を集める電子音楽家 = 畠山地平―Chihei Hatakeyama (サウンド・プロセシング / エレクトリック・ギター担当)による二人組ユニット。
極北のシベリアを想わせる静寂で雄大なイマジネーションと、60年代~70年代フォークのような温もりのある音像は独特な輝きを放ち、一方で普遍的な味わい深い世界観を露呈するものである。佐立と畠山は様々な試行錯誤の末、このたった一枚のアルバムだけで彼らの剥き出しの個性と、聴くたびに深みを増す多様性のどちらもを、最大限に音楽の中に封じ込めることに成功した。
ノスタルジックなアコースティックギターの響きに無限の繊細なエレクトロニック・アンビエンスが彩りを添え、佐立の繊細だが強さを内包したハスキーな歌声は、おだやかにエモーショナルな洗練を呼び起こす・・・この、「歌」を軸にした至ってシンプルな構成要素にも関わらず、水面が返す乱反射のように移り変わる多様な表情を持った重層性こそが、ルイス・ナヌークの最大の魅力であると言える。
形無きものに手を伸ばし、遠きものに思いを馳せる。果てしないものの美しさに魅入られた彼らと彼らが奏でるこの音楽は、特定の意味に収斂されることのない自由な拡がりを感じさせる。時間の移ろいを音楽に託して、このアルバムは一つの物語のように、静かに展開していく。
永遠に色褪せない記憶の情景を、無垢なソウルとメロウな情熱とで包み込んだ、傑作ブルース。'10年代の感受性を予見した最新型フォーク・サウンドの誕生である。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uedafc.blog69.fc2.com/tb.php/106-2a1478e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

信州上田フィルムコミッション

信州上田フィルムコミッション
公式ウェブサイト

カウンター

最新記事

カテゴリ

映画 (160)
テレビドラマ (77)
テレビ番組 (27)
PV・MV・CDジャケット (40)
CM (11)
スチール・その他 (19)
管理 (1)
イベント情報 (30)
エキストラ・サポーター (5)
お知らせ (73)
コラム (5)
未分類 (22)

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック