信州上田フィルムコミッションタイトル

信州上田フィルムコミッションの最新情報

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専修大学創立130周年記念映画『学校をつくろう』上映決定!!

映画『学校をつくろう』

昨年、多くのエキストラを動員し、旧宣教師館や浦里小学校で撮影を行った映画『学校をつくろう』が、来週4月9日より上田でんき館にて公開されます。上映は9日より2週間の予定となっています。この機会にぜひ映画館でご覧ください。

専修大学創立130周年記念映画『学校をつくろう』
(2010/日本/カラ―/109分/ヴィスタサイズ/DTSステレオ)
原作: 志茂田影樹「蒼翼の獅子たち」(河出書房新社刊)
監督: 神山征二郎
出演: 三浦貴大、柄本時生、橋本一郎、池上リョヲマ、ほか
製作: 学校法人 専修大学
配給: ゴー・シネマ
撮影: 2010年4月、5月
ロケ地: 旧宣教師館、浦里小学校、田沢温泉ますや旅館(青木村)
公式HP: http://www.gakko-movie.com/

上映館: 上田でんき館(長野県上田市中央1丁目6−13 / TEL: 0268-23-3357)
上映: 4月9日より約2週間






旧宣教師館#02

若きサムライは武力でなく、
知力で新しい日本を開いた


 明治維新の動乱期、命懸けで海を渡ってアメリカで学び、法律と経済という当時最先端の学問を日本語で教える、日本初の学校を作った4人の男たちがいた。

旧宣教師館#01

語り継ぐべき、
もうひとつの明治維新


 彦根藩の藩費留学生として渡米し、帰国後留学仲間たちと創立した専修学校(現在の専修大学)の初代校長となる相馬永胤。エール大学の大学院で経済学を修め、日本最初の法学博士となった田尻稲次郎。幕臣・旗本出身で、幼い頃から神童と謳われハーバード大学を卒業した目賀田種太郎。そして、旧桑名藩主・松平定教の随従で、経済学を学び田尻と友情を育む駒井重格。

浦里小学校01

現代に問う、
人は何のために学ぶのか?


 戊辰戦争では幕府側と新政府側に分かれて戦った彼らが、異国の地で出会って友情を育み、今度は武力ではなく学問の力で、国を変えようとする。本作『学校をつくろう』は、そんな4人の情熱と青春を、直木賞作家・志茂田影樹の小説「蒼翼の獅子たち」(河出書房新社刊)を基に、誠実に再現した感動の実話である。自分の為でなくニッポンの未来のために、激動の時代を生き抜いた彼らの姿に我々は何を感じ取るべきか。

浦里小学校#02

次代を担う俳優が勢ぞろい!

 主演の相馬永胤役に三浦友和の次男で、CMや映画で人気急上昇中の三浦貴大、駒井重格を演じるのは『オレたちに明日はないッス』ドラマ『Q10』などに出演の個性派柄本時生。田尻稲次郎には、舞台や映画で気を吐く池上リョヲマ。目賀田種太郎役は、『剣岳 点の記』の橋本一郎が務める。
 また相馬の妻・陸を演じるのは、NHKドラマ『白洲次郎』などの脚本家としても活躍する近衛はな。次代の映画界を担う二世俳優が顔を連ねる。また、専修大学OBの永島敏行が西郷隆盛役、同じくOBでハリウッドで活躍中の尾崎英二郎ほか、福澤諭吉役の宅麻伸、佐々木すみ江、神山繁、山本圭らベテラン陣が脇を固める。監督は、実話の映画化に定評のある巨匠神山征二郎が、綿密な資料を駆使して、明治初期の若者たちの青春群像を丹念に掬い取る。

旧宣教師館#03


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uedafc.blog69.fc2.com/tb.php/124-447deb5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

信州上田フィルムコミッション

信州上田フィルムコミッション
公式ウェブサイト

カウンター

最新記事

カテゴリ

映画 (160)
テレビドラマ (77)
テレビ番組 (27)
PV・MV・CDジャケット (40)
CM (12)
スチール・その他 (19)
管理 (1)
イベント情報 (30)
エキストラ・サポーター (5)
お知らせ (73)
コラム (5)
未分類 (22)

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。