信州上田フィルムコミッションタイトル

信州上田フィルムコミッションの最新情報

2017-11

信州ブランドアワード2011にて “長野県知事賞” を受賞しました。

バナー
信州ブランドアワード2011

信州発の優れたブランドを5つの選定指標(1.志向性、2.表現性、3.情報伝達性、4.地域性、5.継続発展性)で選定・表彰する信州ブランドアワードにて、“長野県知事賞”を受賞しました。

<以下、選考講評より>
・・・約90年の歴史があり、ロケ支援とご当地PRを目的とするフィルムコミッションの仕組みのさきがけ的存在として全国への波及を促した。映画やドラマなど多くのロケ地招聘活動ときめ細かい支援活動を通じ、上田を街全体「屋根のないスタジオ」として多くのロケ地を有する地域にしている(志向性)(表現性)(情報伝達性)(地域性)、地元市民向けのロケ地ツアーや保全活動の展望(継続発展性)・・・などの選考基準の項目が、今後の展開への期待も入って高い評価となりました。・・・

<選信州ブランドフォーラム2011 選考結果>
https://sites.google.com/site/sba2011result/

<信州ブランドアワードとは?> 
 「信州ブランドアワード」は、長野県から発する優れたブランドを選考して表彰するものです。2004年「信州ブランドフォーラム」の開催を機に、長野県から発するブランドの優れたデザインを選考して表彰する「信州ブランド・デザイン賞」としてスタートしました。翌2005年からブランド自体を賞の対象として選考するようになり、 「信州ブランドアワード」に改称して今日に至ります。
 地域でブランドづくりに取り組もうとする際、そもそもブランドというものを具体的にどう捉えたらいいのかということが懸案となります。「信州ブランドアワード」ではそれを検討しつつ選考を行う中で、「志向性」「表現性」「情報伝達性」「地域性」「継続発展性」という独自の5つの指標で捉えるようになりました。
 選考されたブランドは、何れも当地固有の地域資源を基に生み出された他にはない魅力のある商品やサービスであり、またそれらを提供する事業や事業者であり、更にそれらの拠り所である地域そのものです。一つ一つが今の長野県産業を輝かせる要因であり、後に続くブランドの目標でもあります。このアワードが先達を超えるようなブランドづくりの呼び水になり、今後の地域産業の自立的な発展に寄与することを期待します。

信州デザインフォーラム2011(授賞式3)
阿部知事より表彰を受ける森会長

信州デザインフォーラム2011(授賞式2)
受賞ブランドの代表者が勢揃い

信州デザインフォーラム2011(展示2)
受賞記念展示の様子

信州デザインフォーラム2011(展示)
信州上田フィルムコミッションのブース


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uedafc.blog69.fc2.com/tb.php/143-c0c65b31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

信州上田フィルムコミッション

信州上田フィルムコミッション
公式ウェブサイト

カウンター

最新記事

カテゴリ

映画 (161)
テレビドラマ (77)
テレビ番組 (27)
PV・MV・CDジャケット (40)
CM (12)
スチール・その他 (19)
管理 (1)
イベント情報 (30)
エキストラ・サポーター (5)
お知らせ (73)
コラム (5)
未分類 (22)

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック