信州上田フィルムコミッションタイトル

信州上田フィルムコミッションの最新情報

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇団ひとり初監督作品 遂にクランクアップ!

819-159_web.jpg
(C)2014映画『青天の霹靂』製作委員会 / 上田映劇にて

お笑いの枠を超えて、作家、俳優と、マルチな才能を発揮する天才お笑い芸人・劇団ひとり(36)。小説デビュー作でもあり100万部超の大ベストセラーとなった「陰日向に咲く」(06)で見事なストーリーテラーぶりが注目を集め、最近では、川島省吾名義の初主演作『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE』(13)で驚異的なアドリブ力と憑依型の演技力も話題となっています。
今回、自身の書き下ろし小説第二作目「青天の霹靂」を、劇団ひとりみずからが映画監督として初めてメガホンをとり、遂に9月11日(木)にクランクアップを迎えました。

8月3日(土)よりクランクインした本作。劇団ひとり監督のリアリズムの追求により、オールロケを敢行。関東近郊の様々な土地で撮影が行われました。上田市では劇中の舞台となる昭和の浅草の町並みを再現するという大掛かりな撮影が行われ、監督は上田市の協力に感謝しきりの様子でした。

約1ヶ月半の撮影を乗り越え迎えたラストカットは、主演の大泉洋さんによるマジックシーン。撮影の4ヶ月前から練習を重ねてきたプロのマジシャンでも難しいと言われるカードマジックを鮮やかに披露し、初監督作の感動のクランクアップに華を添えました。

そしてこの度、初監督という重圧を跳ね除け、見事大役を果たした劇団ひとり監督の、万感の思いが届きました。また主演の大泉洋さん、ヒロイン・柴咲コウさんらの感動のコメントも到着。

818-085_web.jpg
(C)2014映画『青天の霹靂』製作委員会 / 上田映劇にて

【大泉洋(轟晴夫役)のコメント】
劇団ひとり組は、今までで一番大変な現場でしたが、監督と晴夫を作るのは楽しい作業でした。細部にわたって演出してくれる監督は天才肌で、やりたいことが明確だったのでやりやすく、現場でもゲラゲラ笑いあってとても楽しかったです。役者としても監督としても素晴らしかったです。
ただ、マジックシーンはどれもキツかったです。でも吹き替えは一切していないので、そこは自分をほめてあげてもいいのかなと思います。鳩を出すシーンが非常に難しく、自分は今、鳩を出すのが日本一、いやひょっとしたら世界一上手い役者かもしれません(笑)。改めて役者の大変さ・責任の重さをつきつけられた現場でしたが、本当に出演できてよかったです。素晴らしい作品でした。

【柴咲コウ(花村悦子役)のコメント】
繊細さが1カット1カットに込められている映画で、男性が多い作品なので紅一点、華やかさを大事にしました。
大泉さんは普段から面白い方なので、本番に入る前に笑いを堪えるのが大変でした。(笑)劇団ひとり監督は表情や、全てを声に出して語る方ではないので、少し不安な部分もありましが、時々褒めて下さったり、「良かったです!」と言って頂けてとても安心しました。役者としてのひとりさんとは夫婦役なのですが、キャラクターを作る上で引っ張って頂けました。

【劇団ひとり監督(轟正太郎役)のコメント】
楽しかったです。クランクインの時は、地獄みたいな日々が続くのではないかと思いましたが、初めてのわりには楽しんでできたのではないかと思っています。お芝居のシーンについてはある程度想像がついたし、シミュレーションができていました。ただ、手品に関してはやるまでどうなるのかわからない、想像以上にカメラに映ると見栄えするマジックがあれば、そうでないものもある。現場で実際に見てみて、カメラマンとかなり相談しました。
映画そして原作のきっかけとなりましたが、数年前、マジックバーで見たペーパーローズが浮いてバラに変わる瞬間にとても感動しました。あの感動を、観客の皆さんにも味わって頂けたら、それだけで十分です。

【川村元気プロデューサーのコメント】
吹き替えなしで、全部本人でマジックをやってほしい。そんな劇団ひとり監督の期待に見事に応えた、大泉洋さんのマジックシーンの数々は圧巻でした。大泉さんの数か月にわたる猛特訓に頭が下がる思いでした。体中の筋を痛めながらマジックを黙々と練習しつつ、難しい芝居のシーンを演じている大泉洋さんは本当にしんどそうでしたが、クランクアップ後の晴れやかな表情がいまでも忘れられません。
劇団ひとりさんも、初監督という重責を担いながら、出演も果たすという一人二役はかなり大変だったと思います。しかしそんな苦労や迷いを現場では一切見せずに、見事なリーダーシップを発揮し、いつしかキャスト・スタッフが一丸となっていきました。大泉さんからのセリフの提案なども積極的に取り入れ、シーンをつくりあげていく二人の様子はさながら、劇中のコンビそのものでした。
そしてそんな大泉さん、劇団ひとりさんを支えたのが、紅一点の柴咲コウさんでした。マジックシーンや監督業で、それぞれシリアスになる局面も、柴咲さんが現場に来ると和むことも多く、本当に柴咲さんの存在感に助けられた現場でした。
劇団ひとり、大泉洋、柴咲コウ、それぞれの才能と努力がかけあわさって、素晴らしいシーンの数々が撮れました。あとはこれからはじまる編集で、劇団ひとり監督の新たな才能の発露を目撃するのが、いまから楽しみです。

806-008_web.jpg
(C)2014映画『青天の霹靂』製作委員会

【ストーリー】

売れないマジシャン・轟晴夫は、毎日薄汚れたマジックバーで働く日々。母は幼いころ家を出ていき、父とは10年以上絶縁状態。後輩マジシャンがテレビで活躍するのを横目に、自分に分相応なさえない暮らしを甘んじて受け入れている。そんな晴夫のもとに、警察から電話がかかってくる。「お父さんの正太郎さんが亡くなりました」ホームレスになり果てていた父の突然の死。遺骨を持って、父の住み家であったダンボールハウスにやってきた晴夫は、そこにみずからの未来を見て、死んだように生きている毎日に絶望し涙する。
「なんで俺、生まれてきたんだろう・・・」

そこに青天の霹靂。
青空に一閃の雷が光り、晴夫を直撃する。

晴夫が気づくと、40年前にタイムスリップしていた。途方に暮れて訪ねた先の浅草ホールで、晴夫はスプーン曲げを披露して人気マジシャンとなる。そう、ユリゲラーが来日する前の時代だったのだ。そしてそこで、同じくマジシャンをやっていた若き日の父、そしてそのアシスタントをしていた母・悦子と出会う。どうしようもない父に、かいがいしく付き添う母。ふとしたきっかけで、晴夫は父・正太郎とマジシャンとしてコンビを組んで舞台に立つこととなる。

だがまったくそりがあわないふたりは舞台上で喧嘩ばかり。その姿を見た支配人は、ふたりに「喧嘩マジック」という芸を与える。これが大ヒット。ふたりは一躍人気者となっていく。そんなとき、母・悦子の妊娠が発覚する。そのとき晴夫は気づく。

「10ヶ月後、あの人から生まれてくるのは・・・俺だ」
次第に明らかになる、晴夫の出生の秘密。母はなぜ晴夫を捨てたのか。父と晴夫はなぜ不仲になってしまったのか。そして晴夫はこの先どうなってしまうのか。果たしてやってくる、誕生の日。
そこには思いもよらぬ真実と、感動の結末が待っていた。




『青天の霹靂』 (せいてんのへきれき)
原作・監督・脚本: 劇団ひとり
脚本: 橋部敦子
企画・プロデュース: 川村元気
キャスト: 大泉洋 柴咲コウ 劇団ひとり
公式サイト: http://www.seiten-movie.com/
配給: 東宝
公開: 2014年5月、全国東宝系にて公開

撮 影: 2013年8月
ロケ地: 上田映劇、本町映劇通り、旧上田市産院、上田城跡公園



主演の大泉洋さんが上田ロケの印象を語っています。
上田市民の皆様、必見です。

【前篇】大泉洋「映画・青天の霹靂ロケ地で訪れた長野県・上田市が素晴らしい!と大絶賛!!」


【後篇】大泉洋「映画・青天の霹靂ロケ地で訪れた長野県・上田市が素晴らしい!と大絶賛!!」



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uedafc.blog69.fc2.com/tb.php/204-02ccc5d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

信州上田フィルムコミッション

信州上田フィルムコミッション
公式ウェブサイト

カウンター

最新記事

カテゴリ

映画 (160)
テレビドラマ (77)
テレビ番組 (27)
PV・MV・CDジャケット (40)
CM (12)
スチール・その他 (19)
管理 (1)
イベント情報 (30)
エキストラ・サポーター (5)
お知らせ (73)
コラム (5)
未分類 (22)

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。