信州上田フィルムコミッションタイトル

信州上田フィルムコミッションの最新情報

2017-04

鶴岡慧子監督作品 『あの電燈』 上田上映会開催のお知らせ。

『あの電燈』メイン1_web
あと少し、この窓から見える、あの電燈を眺めていたい―

この度信州上田フィルムコミッションでは、PFFグランプリ受賞も記憶に新しい上田市出身の映画監督・鶴岡慧子さんの最新作『あの電燈』(主演は村田製作所のCMで話題の小林万里子)の上田上映会を企画しました。この映画は昨年10月から11月にかけてほぼ全篇を上田市内で撮影した鶴岡監督の最新作です。会場は本作品のロケ地にもなった上田映劇。当日は監督はじめスタッフによる舞台挨拶も予定していますし、同監督の県内未公開作品『はつ恋』(バンクーバー国際映画祭正式出品作品。ヒロインは伊那市出身の富田理生)も併せて上映します。前売り券は2本立てで800円と非常にお安くなっております。皆様お誘いあわせの上、ぜひ劇場へお出掛け下さい。この才気迸る傑作をぜひ劇場で!!



日程
 平成26年3月21日(金・祝)

場所
 上田映劇 (劇中映画館のロケーションとしても登場!!)
 長野県上田市中央2丁目12-30
 ※JR長野新幹線・しなの鉄道・別所線「上田駅」より徒歩10分
 URL: http://www.uedaeigeki.com/
 

タイムテーブル ※2本立てを2回上映します。
 12:45  開場
 13:00  『あの電燈』上映(53分)
 13:53  休憩7分
 14:00  『はつ恋』上映(83分)
 15:25  監督、スタッフによる舞台挨拶&トーク(20分間)
 15:45  1回目終了

 16:00  開場
 16:15  『あの電燈』上映(53分)
 17:08  休憩7分
 17:15  『はつ恋』上映(83分)
 18:40  監督、スタッフによる舞台挨拶&トーク(20分間)
 19:00  2回目終了

料金
 前売り: ¥800 / 当日: ¥1、000 (2本立て・全席自由)

チケット取り扱い(プレイガイド)
 上田観光コンベンション協会(上田市観光会館2F)、
 菅平高原観光協会(菅平高原リゾートセンター)、 上田市マルチメディア情報センター
 信州国際音楽村CoworkingSpace HanaLab.香青軒ジュエリー工房翔
 長野松竹相生座・ロキシー1・2(長野市)、岡谷スカラ座(岡谷市)

上映体制
 主催:『あの電燈』上田上映会実行委員会
 (鶴岡組・信州上田フィルムコミッションFUMFAM
 共催:上田観光コンベンション協会
 協力:東京藝術大学大学院映像研究科
     上田映像塾うえだNavi
     信州フィルムコミッションネットワーク
     ながのフィルムコミッション諏訪圏フィルムコミッション
 後援:上田市、上田商工会議所、長野県教育委員会、
     信濃毎日新聞社、東信ジャーナル社、信州民報社、週刊上田新聞社、
     信越放送、上田ケーブルビジョン、丸子テレビ放送、FM長野、
     信州大学繊維学部、長野大学、長野県工科短期大学校、上田女子短期大学





『あの電燈』 (53min/16:9/HD/5.1ch)
監督・脚本: 鶴岡慧子(PFFグランプリ受賞作『くじらのまち』、他)
出演: 小林万里子、清水尚弥、
    竹下かおり、涼凪、柳谷一成、吉田圭佑、
    麿赤児

あらすじ: ある朝、マドが目覚めると、辺りから人々が消えていた。
      どうやら大きな台風が来るらしく、皆避難したらしい。
      通っている高校を訪れても、誰もいない。かと思いきや、同じクラスの藤井と会う。
      藤井を避難させようとするマド、一人で逃げることを拒む藤井。
      二人は、まだ残っている人がいないか街を探しまわる。
      映画が上映され続けている無人の映画館、少女が一人たたずむ寂れたプール、
      引退するストリッパーが居残るストリップ小屋、
      老人が靴を静かに磨き続けるボーリング場。
      様々な場所を訪れた後、強まる雨の中、二人は閉鎖された工場へとたどり着く。
      そこは、マドの父親が死んだ場所でもあった。

HP: http://film.fm.geidai.ac.jp/2014/

撮 影: 2013年10月~11月
ロケ地: 上田東高等学校自然運動公園プール信州国際音楽村上田電鉄別所線 八木沢駅
     別所温泉 花屋上田映劇上田プラザボウル日東ボタン、幸町通り、連歌町通り、
     袋町、横町、尾野山地区、蓼科高等学校(立科町)、
     長野松竹相生座・ロキシー1・2(長野市)、旧諏訪フランス座(諏訪市)、他  





同時上映『はつ恋』 (2013年/82min/1.85:1)
2013年度バンクーバー国際映画祭「ドラゴン&タイガー部門」出品作品

原作: イワン・ツルゲーネフ『はつ恋』
監督・脚本: 鶴岡慧子(PFFグランプリ受賞作『くじらのまち』、他)
出演: 柳谷一成、富田理生(伊那市出身)、
    元木行哉、竹田朱見、及川莉乃、三坂知絵子、佐藤博行、ほか

あらすじ: 田村恭一(18)は、大学受験を目前に控えた冬、
      祖母が他界し、祖母が所有していたビルの後処理をするために、
      母親と継父とともに東京でしばらく暮らすことになる。
      祖母がかつてピアノ教室を開いていた古いビルの1階には、小さな居酒屋が入っていた。
      恭一は居酒屋の娘・めぐみと出会い、彼女に一目惚れをする。
      奔放なめぐみにどんどん夢中になっていく恭一だったが、
      ある時から、めぐみが自分ではない誰か他の男に恋をしているという疑念を抱き始める。
      そして、その相手が誰か知ったとき、恭一とめぐみには別れが待っていた。



鶴岡慧子 Tsuruoka Keiko

1988年生まれ、長野県上田市出身。立教大学在学中から映画を撮り始め、卒業制作としてつくった初長編監督作品『くじらのまち』(2012)が、自主制作映画コンテストPFFアワード2012においてグランプリを受賞、その後釜山国際映画祭やベルリン国際映画祭など各国の映画祭にて上映される。東京藝大在学中に長編2作目となる『はつ恋』(2013)を監督、同作品はバンクーバー国際映画祭ドラゴン&タイガーアワードにて上映された。



『あの電燈』上田1_web

(問)信州上田フィルムコミッション(上田観光コンベンション協会内)
 TEL: 0268-23-5408 / E-mail: fc@ueda-cb.gr.jp
 URL: http://www.ueda-cb.gr.jp/fc/



この上映会の1週前に、長野松竹相生座・ロキシーさんでも長野ロケ作品の上映会が行われます。
詳しくは以下よりご確認頂き、こちらへも足を運んでみてはいかがでしょうか。

オール松代ロケ作品 短編怪奇時代劇映画「密獣」試写会開催のお知らせ


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uedafc.blog69.fc2.com/tb.php/237-e59f12f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

信州上田フィルムコミッション

信州上田フィルムコミッション
公式ウェブサイト

カウンター

最新記事

カテゴリ

映画 (158)
テレビドラマ (77)
テレビ番組 (27)
PV・MV・CDジャケット (40)
CM (10)
スチール・その他 (18)
管理 (1)
イベント情報 (30)
エキストラ・サポーター (5)
お知らせ (73)
コラム (5)
未分類 (22)

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック